日光温泉 梅屋敷旅館


当梅屋敷旅館は朱塗りの神橘より徒歩6分で静寂な日光の中心高台にあります。安政4年(1857年)輪王寺門跡山貞和尚によって墾敷かれた高照庵跡で庭に梅の木が多いところから梅屋敷の名が生まれました。東には小倉山自然植物園、北には2千米級の日光霊峰を、西には森の中に見える東照宮、輪王寺、南には市街地より遥か関東平野を羨望、大庭園には四季折々の花々が咲乱れます。ぜひ一度お越しくださいませ。

日光東照宮まで、750mの距離だから歩いていけるのが喜ばれる理由の一つ。混雑する日でも、旅館の駐車場に車を停めて歩いていけば問題なし♪

学校関係の団体を受けるようになって、早70年…。大事な青春の1ページとなる修学旅行だからこそ精一杯思い出の作れる旅館でありたい。

今は、目下Englishを勉強中!明るく元気な接客がウリの若女将で頑張っています!もっと快適に、楽しく過ごしてもらいたい!常にこの思いでよりよくサービス向上中!!

日光温泉 梅屋敷旅館


電車の場合 JR線

東京駅

東北新幹線(約50分)

宇都宮駅

日光線(約45 分)

日光駅

タクシー(約10分)

梅屋敷旅館

電車の場合 東武鉄道

東武浅草駅

東武特急スペーシア
(約100分)

東武日光駅

タクシー(約10分)

梅屋敷旅館

お車の場合 東北自動車道から

~宇都宮I.C

日光宇都宮道路(約20分)

日光I.C

国道121号線(約10分)

梅屋敷旅館

日光温泉 梅屋敷旅館
〒321-1414
栃木県日光市萩垣面2398

TEL:0288-54-1145
FAX:0288-54-1147

日光温泉 梅屋敷旅館


Welcome to Umeyashiki Ryokan

Umeyashiki Ryokan is located on a hill in the heart of the peaceful Nikko a six minute walk from the vermillion-lacquered Shinkyo Bridge. There are many ume (Japanese plum) trees in the garden at the old site of Kosho-an completed by Osho Santei at the old site of Rinnoji-ji Temple gate in 1857. This gave birth to our name of “Umeyashiki” (lit: “Japanese Plum Residences”). You will find Ogurayama Natural Botanical Garden to the east; the 2,000 meter Nikko Reiho to the north; Toshogu Shrine and Rinno-ji Temple appearing in the middle of the forest to the west; and seasonal flowers blooming in a large garden to the view of the distant Kanto Plain from the city to the south. Please make sure to enjoy a visit here.

Basic Information

Name Umeyashiki Ryokan
Address 2398 Hangakimen, Nikko, 321-1414
TEL / FAX +81-288-54-1145 / +81-288-54-1147
Check-in / Check-out From 17:00 / Until 10:00

Wanoshiro Onsen

Source: Wanoshiro Onsen Efficacies: nerve pain and muscle pain This colorless and transparent thick hot spring is a simple thermal hot spring with alkalinity that is great for the skin. We have two large public baths for men/women and a family bath. You can enjoy the colors of the four seasons from the large window of the public bath.

Guest Rooms

12 tatami mat Japanese-style rooms: 6
14 tatami mat Japanese-style rooms: 13
You can pass the time quietly and in a relaxed manner in our spacious Japanese-style rooms.
All our rooms come with toilets that have bidet functions and baths.

Guest Rooms

You are free to help yourself to coffee or tea at any time during your stay in our elegant inn where the traditional vestiges of Japanese ryokans (inns) still remain. We have PCs connected to the Internet in our lobby available for guests.
We stock various Nikko specialties and confectionary in our shop.

Overview of Our Inn

Inn Facilities 12 tatami mat Japanese-style guest rooms, 14 tatami mat Japanese-style guest rooms,
large 100 tatami mat banquet room with a stage and mid-sized 42 tatami mat banquet room,
coffee room, bar, souvenir shop, indoor baths (one each for men and women) and a parking
lot with spaces for 10 midsize vehicles and 50 compact vehicles
Guest Room Facilities Air conditioning, toilet, television and refrigerator
Amenities Towel sets, yukata (light cotton kimono), toothbrush sets, shampoo and conditioner,
body soap, regular soap, combs and shaving kits

Yuba Cuisine

We serve food that will make you feel a sense of nostalgia using specialties of Nikko, yuba (tofu skin) cuisine and seasonal ingredients. Please savor the various tastes of yuba, the flavors of seasonal ingredients and the delicate flavors unique to Japanese cuisine. We use Japanese beef in our main dishes. We switch to soy milk nabe (hot pot) and tobanyaki (ceramic plate grill) depending on the season.

Local Ingredients with History

People gathered from all over Japan in both Kyoto and Nikko in the era when sangaku shinko (mountain worship) thrived.
Many monks and mountaineering ascetics came to Nikko as a place to practice Buddhism centered on Rinno-ji Temple.
At that time, yuba was favored as a healthy ingredient instead of fish and so it enjoyed popularity as shojin ryori (vegetarian cuisine of Buddhist monks). Ieyasu Tokugawa came to be enshrined in Nikko in the Edo Period (1603 to 1868) and yuba was firmly established for use in meals given to worshippers.
Yuba then spread to the general population in the Meiji Period (1868 to 1912).
This taste that remains unchanged from the olden days has now been passed down to the current generation.

Breakfast

We serve hearty Japanese-style breakfasts with a good nutritional balance. We use the famous yuba for both our boiled tofu and miso grill.

Access

Train Tobu Asakusa → 1 hour and 40 minutes → Nikko
JR Ueno → 1 hour and 40 minutes → Nikko
Approx. 8 minutes by taxi from in front of the station (2km in the vicinity of Shinkyo)
Car Metropolitan Expressway → 1 hour → Utsunomiya IC → 20 minutes → Nikko IC →
6 minutes → Umeyashiki Ryokan

日光温泉 梅屋敷旅館


日光東照宮まで750m、徒歩で移動できます。バスの乗り入れもOK。
大きな荷物の移動や雨天の活動もスムーズに行えます。

食材原産地情報の提供、熱処理の徹底など、安全と安心の食の提供を心がけています。
様々な食材のアレルギーに細かく対応致しますので、安心してご相談ください。

他の宿と離れているので、レクリエーションで盛り上がっても大丈夫。
仲間と賑やかに、思い出に残る時間を過ごせます。 雨の日でもレクリエーションが楽しめます。
キャンプファイヤーができない時はきもだめしがおススメ。

体験学習例:きもだめし、キャンプファイヤー、流しそうめん、絵付け教室など

カキ氷サービス、希望により
流しそうめん・花火等のイベントも!
(花火は手持ち、しかけ花火どちらもOK)

スケート学習できます

外へ出る導線がシンプルで、生徒が簡単に抜けだしたり迷ったりする心配がありません。
非常口が分かりやすく、オートロックのため、セキュリティーも安心です。

※学校関係の場合、父兄様からの直接のお問い合わせはお断りしております。
フォームからお問い合わせいただいても返信できませんので、ご了承下さい。

代表者名
団体名
メールアドレス
電話番号
予約の有無  

はい


 

いいえ

予約日
お問合せ内容

日光温泉 梅屋敷旅館


O-157対策としてナマ物は一切使用しておりません。必ず熱処理を行った料理を出し、厨房は消毒など食中毒への対策を最大限行っております。

夕食・朝食ともに、栃木県産のコシヒカリをお出ししております。お腹いっぱい元気いっぱい!
おかわり自由ですので、育ち盛りの皆さん、いっぱい食べてくださいね!

現代では、様々な食材にアレルギーを持っているお子様がいます。事前にご連絡いただき、細かいアレルギー対応をしていますので、安心してご相談下さい。 

産地変更も別途料金がかかりますがご対応可能です。
どうしても気になる、学校の方針などでという場合は、ご相談ください。

和風コース 洋風コースを選んでいただき5種類あるA~Eの「主菜」から1種類えらんで組み合わせていただきます。

牛肉60g・ねぎ・白滝・白菜

ハンバーグ80g・にんじん・ポテト・コーン・おろしたれ

牛肉・たまねぎ・マッシュルーム・トマトペースト

豚肉20g×3枚・もやし・ピーマン・キャベツ・にんじん

牛肉20g×3枚・にんじん・たまねぎ・インゲン

陶板焼き スクランブルエッグ(卵1個・ほうれん草・マーガリン)
洋皿 ロースハム半分×3枚 キャベツ(温)
煮物 がんも1ケ
焼き物 焼魚 切り昆布 焼き海苔1袋
味噌汁 かんぴょう 生揚げ
ご飯 栃木産コシヒカリ(おかわり自由)
デザート ヨーグルト

目玉焼き 卵1個 ベーコンスライス2枚
洋皿 ウィンナー2本(茹で)キャベツ(温) ポテトサラダ(たまねぎ・にんじん・グリーンピース)
スープ コーンポタージュ
ロールパン 2個 (ジャム&マーガリン)
デザート ヨーグルト
飲料 オレンジジュース(グラス) or 牛乳(グラス)選択制

お食事についてはできる限りの対応を致しますので、
事前にお問い合わせの上、打ち合わせさせていただきます。

※保護者様からの直接のご要望などは原則、
お受けしておりません。ご了承ください。

日光温泉 梅屋敷旅館


各御部屋に防災頭巾をご用意しております

滞在中の避難訓練もありますので安心してご利用頂けます。ゴム製スリッパがあり、そちらを館内用のうわばきに使用します。
避難時に裸足で怪我をしないように配慮)

水筒のお茶用意あり

日中の観光や研修などに、お茶が必要な場合は、ご持参いただいた水筒にお茶をご用意します。

保健室

館内の中央部分に保健室用の御部屋をご用意できます

研修、合宿に便利な設備あり

ランドリー 洗濯機2台 乾燥機2台 1回1台200円  貸し出し ホワイトボード プロジェクター スクリーン 団体旅行用機材の貸出 (メガホン・トランシーバー・緊急用ラジオ)

設備ご案内

収容人数 団体100名 学生団体160名
浴場 大浴場 男(白梅) 女(赤梅) 各35名
客室 20室
娯楽設備 ロビー・売店・喫茶室・運動場・キャンプファイアー
宴会場 舞台付大広間84畳 中広間42畳
無料駐車場 バス7台 中・小型車50台

先生方の打合せにも便利な広々ロビー。
もちろん、集合時にもご利用頂いております。

ロビー横にある売店は15時~20時
団体利用の場合は、ご利用ご希望時間に合わせてご準備します。

主に先生方のミーティングや準備室などに活用できます。

一度に30人が利用できる洗面所を2階・3階に完備。

ここは、例の・・・

和室12畳×6室・和室14畳×13室  部屋割などご相談下さい。
全室ウォシュレット付 バス無

男女同サイズがそれぞれあります。一度に30名ほどが一度に入れる広さとなっています。
洗い場スペースも広めにしていますので、1クラスが十分に入れるほど。

和の代温泉
源泉:和の代温泉
(日光市清滝和の代町1726番2)
効能:神経痛、筋肉痛  無色透明とろりとした湯は肌に良いアルカリ性単純泉。

日光温泉 梅屋敷旅館


日光温泉 梅屋敷旅館



日光東照宮

徒歩10分


日光輪王寺

徒歩10分


神橋

徒歩6分

日光の観光情報はこちら : 日光観光ナビ

奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては、外国人の避暑地として賑わいました。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめますが、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事です。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむのもオススメ。紅葉シーズンには「紅葉廻り」コースも運行されます。

JR日光駅、東武日光駅から車で5分のところにある国際規格の本格的スケートリンクです。
日光霧降スケートセンターは、1周400メートル、幅16メートルの屋外スピードリンク。隣接の栃木県立日光霧降アイスアリーナは30メートル×60メートルの公認屋内アイスホッケーリンク。どちらもコンディション抜群のアイススケートリンクです。特に、屋内アイスホッケーリンクは夏季シーズンも営業しておりますので、一年中アイススケートをお楽しみいただけます。

日光温泉 梅屋敷旅館


日光名物の湯波をふんだんに使った湯波料理と地元の旬の素材を使った四季折々の和食膳をお楽しみください。 メインは黒毛和牛の料理。季節により豆乳の鍋や陶板焼きに変わります。

日光の歴史はとても古く、京都とともに日光も山岳信仰の盛んな時代に全国から人々が集まり、輪王寺を中心とした仏教の修行の場として日光には多くの僧、修験者が集まりました。 その際に魚類に変わる栄養のある食品として好まれたのがゆばであり精進料理として親しまれてきました。 そして江戸時代に徳川家康公が日光に祀られるようになって、参拝される方に出された食事にゆばが用いられ定着していきました。 明治時代に一般の人達にも広まり、今もその昔と変わらない味を後世に伝えています。

製法にほとんど違いはありませんが、京都のゆばは湯波槽に移して熱を加え、膜の端に串を入れて引き上げるため、仕上がりが平たいのが特徴です。それに対して日光のゆばは、膜の中央に串を入れて二つ折りにするように引き上げるため幾重にも巻き上げるので、丸くボリュームがあるのが特徴です。

正徳2年6月(1711年頃)江州水口城主の鳥居伊賀守多忠英公が幕府命により、壬生(みぶ)城主に命じられました。しかしこの壬生の領地は作物に恵まれず、収穫量があまりにも少なかったのです。そこで、かんぴょうの種を旧領地の木津村から取り寄せ、壬生の藤井村にまいたところ、見事に成功を納めたといわれています。以来、栃木のかんぴょうとして今でも親しまれている食材となりました。

ボリューム満点の朝食は和食膳をご用意しております。 湯豆腐やみそ焼きにも名物の湯波を使用していますので、ご堪能頂けるかと思います。
栄養のバランスの取れたお食事を心がけて提供しております。

日光温泉 梅屋敷旅館


ロビーには無料でお使い頂けるPCが有ります。 周辺観光地の調べ物等にご利用下さい。

こちらでは、コーヒーやお茶等のドリンク無料サービスがあります。
滞在中はご自由にお飲みいただけます。

日光のお土産や便利グッズ、お菓子等、多数ご用意しております。
営業時間:15時~20時

開放的な広さのお風呂で温泉をお楽しみいただけます。
窓に映る季節の移ろいをお楽しみ下さい。
入浴時間:~22時 翌朝6時~9時
大浴場:男(白梅)女(赤梅)別各35名

家族風呂:2ヶ所(事前にフロントにてお申し込み下さい)

和の代温泉
源泉:和の代温泉
(日光市清滝和の代町1726番2)
効能:神経痛、筋肉痛  無色透明とろりとした湯は肌に良いアルカリ性単純泉。

和室12畳×6室 14畳×13室 
広めの和室は静かでゆっくりと過ごす事が出来ます。全室トイレ(洗浄機能)付+広縁 冷暖房完備・
冬の乾燥時期は加湿器(アロマ)をご用意します。

何百年と昔に造られた庭園は、名のある聖人が造られました。「心」を模った池に、その想いが伺えます。
四季の移ろいを楽しませてくれる木々や花々を、静かな気持ちで眺める。そんな時間もたまにはいいじゃないでしょうか。

和室 12畳:6室 14畳:13室
客室設備 全室ウォシュレット付 バス無
収容人数 一般80名  団体100名 学生団体160名
浴場 大浴場男女別各35名
客室 32室
娯楽設備 ロビー・売店・喫茶室 ・運動場・キャンプファイアー
宴会場 舞台付大広間84畳  中広間42畳
無料駐車場 バス7台 中・小型車50台
サービス コーヒーや紅茶、緑茶が滞在中ご自由に頂けます

日光温泉 梅屋敷旅館


オフシーズン 11月~4月 1泊2食付 1名
平日 8,500円~ (9,330円~)
休前日 9,500円~ (10,410円~)
トップシーズン 5月~10月 1泊2食付 1名
平日 10,000円~ (10,950円~)
休前日 11,000円~ (12,040円~)
連休料金 1泊2食付 1名
12,000円~ (13,110円~)

別途入湯税150円がかかります(13歳以上)

キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。

当日
宿泊料金の50%
前日
宿泊料金の30%
7日前から
宿泊料金の20%

日光温泉 梅屋敷旅館

〒321-1414
栃木県日光市萩垣面2398

TEL:0288-54-1145
FAX:0288-54-1147

日光温泉 梅屋敷旅館


日光温泉 梅屋敷旅館